積水ハウス(鉄骨)の坪単価解説

積水ハウス 坪単価

 

坪単価から見た積水ハウス

 

Sponsored Link

積水ハウスというブランド価値、また、制震装置「シーカス」やコンクリート外壁の「ダインコンクリート」を採用されている方が多いことが坪単価に影響。

 

また、鉄骨軸組工法ならではの間取りの自由性によって、複雑な設計プランや外観の形状も柔軟に対応できる反面、細かい部材と手間が増えるといった理由により坪単価設定は高めです。

 

高機能な熱交換システムもコストを釣り上げている一因となっています。

 

さらに、CM広告費、全国に展開している住宅展示場の維持費の関係もあり、坪単価に影響する多くの要素を持っています。

 

 

積水ハウスの特徴

 

積水ハウスは、中流層から高所得層という幅広い商品ラインナップを取り揃え、戸建数でトップの人気ハウスメーカーです。

 

流行りの設備や仕様をいち早く取り入れる先進性は、住宅業界を牽引してきただけの実力が伺えます。

 

例えば、快適な住空間には欠かせない全館空調といった設備はもちろん、空気環境に配慮する「エアキス」は、宅内の「ホルムアルデヒド」だけでなく「トルエン」「キシレン」「エチルベンゼン」「スチレン」の発生を抑えます。

 

最新の換気システムとの併用で、新鮮な空気を提供してくれる家族の健康を考えた住宅メーカーなのです。

 

Sponsored Link

 

積水ハウス(鉄骨及び木造)
年間着工数(推定) 25000件
坪単価(推定) 60〜80万円
社員数(推定) 13,855人
平均年収(推定) 約795万円
売上高 1148631百万円(H27.2.1〜H28.1.31)
研究開発費総額 320百万円(H27.2.1〜H28.1.31)
広告宣伝費 18,166百万円(H27.2.1〜H28.1.31)
販売促進費 11,680百万円(H27.2.1〜H28.1.31) 

 

 

ハウスメーカーの坪単価ランキング!

 

 

鉄骨ハウスメーカーの坪単価TOPページ

 

 

 

 

 

 

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!