坪単価の計算の仕方を教えて!

坪単価 計算

 

本体価格は、一般的に建物だけにかかる費用で、設計費用、外構工事や地盤補強費用などは除かれています。
(ハウスメーカーによって考え方は色々ですが。。。)

 

また、延べ床面積は、建物の各階の床面積を合わせた合計面積のことです。

 

床面積の計算の仕方は、柱または外壁の中心線を基準としています。

 

バルコニーなど、屋外的な用途で使用されるものは、床面積に算入されません。

 

これらを前提とした中で、坪単価の計算式は、前述でも紹介したとおり、

 

 

坪単価の計算式 本体価格÷延床面積=坪単価

 

例えば2,600万円(本体価格)÷40坪(延床面積)=65万円(坪単価)

 

 

となります。

 

Sponsored Link

 

坪単価の計算は、標準レベルの設備機器や標準の建築資材で建てた場合の「本体価格」と、「延床面積」で計算されることが多いようです。

 

でも実際は、坪単価は色々な原因で上下します。

 

先ほど記述したお客様の趣向や間取りによって変化するほかに、各ハウスメーカーの基準によっても変化します。

 

坪単価の概念がはっきりしているわけでもない実情から、ハウスメーカー独自で、機器のレベルを落とした住宅仕様の本体価格で坪単価計算していたり、延べ床面積ではなく、施工面積で計算していたりするからです。

 

(屋外的なスペースは、延べ床面積にふくまれません)

 

機器のレベルを落とせば本体価格は、下がるので、坪単価も下がりますし、延べ床面積よりも、面積が大きくなる施工面積で計算すれば、坪単価も下がりますよね。

 

Sponsored Link

ハウスメーカー側の建築費用をお安く見せて、住宅販売を進めたい事情もあるので、提示された坪単価のみを鵜呑みにして家づくりの計画を立てる事は、少々危険であると言えるでしょう。

 

あくまで、ハウスメーカーが当初、出してくる坪単価は一定の目安になるとはいえ、参考程度に考えておく事が大切です。

 

 

坪単価を正しく把握するには?

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!