住宅展示場の坪単価って一体どれくらい?

住宅展示場 相場

 

住宅展示場のモデルハウスを訪れると、目に見えるもの、全てが魅力的にみえて「自分もこのような家を建てたい」と夢が膨らむのではないでしょうか?

 

「庭園につながった広いリビング」

 

「開放感あふれる大きな吹き抜け」

 

「遠くを見渡せる大きな窓」

 

など、新築に意欲的になるように、作られているのが、モデルハウスなんです。

 

でも、実際、私達が建てる家は、モデルハウスとは程遠い住宅になってしまうケースは、とても多いのです。

 

それも、そのはず、住宅展示場のモデルハウスは、建物価格だけで平均5,000万円はすると言われているのですから。。。

 

そこに、最新機器や家具、インテリア、さらに諸経費などを加えると、とてもではありませんが、一般人の手の届く範囲ではありません。

 

Sponsored Link

 

各モデルハウスの建坪数は平均70坪前後だというので、坪単価は70坪ぐらいになります。

 

「住宅展示場にあるモデルハウスの坪単価は、もっと高いのでは?」と、感じる方もおられるとは思いますが、ちょっとしたカラクリのようなもので、

 

延床面積が広くなればなるほど、坪単価が下がるという計算になるのです。

 

例えば、

 

2500万円(建物価格)÷40坪(延床面積)=62.5万円(坪単価)

 

建坪5坪アップによる建築費用増加200万円の場合、
2700万円(建物価格)÷45坪(延床面積)=60万円(坪単価)

 

となります。

 

確かに延床面積が広くなれば、それだけ使用部材や基礎工事費などが膨らみます。

 

Sponsored Link

でも、単純に延床面積が広くなったことに比例して、使用部材がそのまま増えるわけではありませんし、ドアなどの建具の数やトイレ、キッチンなどの住宅設備の数が増えるわけではありませんので、延床面積が増えても、それほど建築費用はアップしないのです。

 

むしろ、延床面積が少しでも増える方が坪単価を下げるという原理に、ご注意ください。

 

住宅展示場の坪単価はともかく、モデルハウスは、イメージを高めてもらうために存在するもの。

 

あくまで、全てを取り入れようとするのではなく、一部を参考程度に捉えるに留めておくようにしましょう。

 

 

坪単価を値引きしてもらう方法って?

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!