坪単価を値引きしてもらう方法って?

坪単価 値引き

 

お目当てのハウスメーカーの坪単価が高くても諦めてはいけません。

 

交渉次第では、大幅値引きも可能だからです。

 

Sponsored Link

担当営業マンは、最初に資金計画書を作成して、間取りプランと見積り額を提示されることが多いですが、このままの額が家の建築費となる事は、ほぼありません。

 

最初に見積り額を提示して、お客様の反応を見ていると言われています。

 

「こんな、額ではとてもではないけれど無理」

 

「あと少し、値引きしてもらえないか」

 

など、お客様の発する言葉の中から、資金体力を測っているのです。

 

 

また、「本気で住宅を建てたいと思っているのか」

 

「当社に興味を持っているのか」

 

 

と、判断した後に、お客様の状況を見ながら坪単価の値引きを開始するのがセオリーです。

 

なので、坪単価の値引きを狙うなら、興味を持っているという意思を見せた上で、御社のハウスメーカーが気に入ったけれど、「価格面だけ何とかなれば、決めてよい」というスタンスでいくと、好意的に値引きをしてもらえるでしょう。

 

Sponsored Link

 

でも、それだけでは営業マンペースで契約まで運ばれてしまうのがオチ。

 

希望するハウスメーカーの相場が分からなければ、安い高いの判断がつかないのですから。。。

 

そこで、必ず、行いたいのが、ライバルメーカーとの見積り比較

 

ライバルメーカーを選択するコツは、数社から見積りを出してもらい、

 

「候補に挙げているハウスメーカーよりも、少しだけお安い金額を提示できるメーカー」です。

 

もちろん、前提として見積り依頼時は、ある程度、住宅仕様や間取りを合わす、また、鉄骨メーカーは鉄骨メーカーと、木造メーカーは木造メーカーをライバルメーカーに選んで下さいね。

 

Sponsored Link

 

数社から見積りが出てきたら、大体の相場を掴みます。

 

 

最初に出てきた見積り相場から少なくとも250万円、多くても400万円は値引いてもらえる事が多いので、目安として考えるのも良いでしょう。
※最大で、400万円値引きという事は、建坪40坪の住宅なら、坪あたり10万円の値引き。

 

最大の値引きを引き出すには、メーカー同士で価格競争をしてもらうしかありません。

 

 

見積り依頼の時は、最低でも第2希望と第3希望をピックアップし、見積り比較をして第1希望のハウスメーカーの金額よりも引き下げるように、交渉を進めると良いでしょう。

 

一社だけの選択だと、優秀な営業マンの場合、ライバルメーカーを色々調べられて、不利になる可能性があったり、ライバルメーカーが契約を諦めて価格競争を止めてしまうケースもあるので、二社以上のハウスメーカーを選択しておいた方が無難です。

 

 

また、最終的な段階の値下げについて、上役の判断が必要な時もあるでしょうから、担当営業マンが上役に説明しやすいように、交渉を持っていくと上手くいく場合もあります。

 

例えば、「ライバルメーカーは、○○万円という事なので、この額よりも下げてもらえれば契約する」

 

「親からの融資が○○万円程度で、自己資金と合わせた○○万円まで値下げして欲しい。」

 

「御社のハウスメーカーで建てる事は、私達の夢だったので、他メーカーで妥協したくない。何とか○○万円まで値下げしてもらう事は出来ないか?」

 

など、値引きをすることに納得がいく理由が必要です。

 

この時は、候補のハウスメーカーに

 

「ご希望されている額の値下げは無理です。ご縁が無かったことに。。。」といったように、開き直られかねない額を提示することは避けて下さい。

 

「金額さえ納得がいくなら、契約してもらえる」と見込んだ営業マンは、少々無理してでも値下げをしてくれるでしょう。

 

また、見積り比較の注意点として、同時期に数社に依頼することが大事です。

 

出された見積り額には、期限がありますので、一社、一社見積りをもらっている内に期限が過ぎると、比較資料として、弱くなる場合もありますし、建材の価格変動時期に重なれば、見積りの取り直しも強いられます。

 

 

間取りや住宅仕様など、出来るだけ数社の条件を揃えた中で、同時期に見積り比較を行いたいものです。

 

ハウスメーカーは、見込み客にしか、見積りを出さないことがほとんどです。

 

冷やかし客や同業者の情報収集に資金計画を利用されてはと警戒しているからです。

 

何度もハウスメーカーに足を運ばないと、参考になる見積書が出てくる事がなく、初めて客にはざっくりとした概算見積り額しか出ないことも多いのです。

 

そんな事で、多くのハウスメーカーを回っていると、時間がいくらあっても足りませんし、一社の見積書を手に入れるだけでも苦労が目に見えてますよね。

 

そのような時は、見積一括収集サービスを利用してみるのも良いでしょう。

 

見積額を同時期に簡単に収集できますし、住宅仕様や間取りプランを揃えて依頼出来ます。

 

3分で見積一括依頼の無料サービス

 

 

時間をかけなくて良いところは、どんどん省いて、効率よく家づくりを進めていくことが成功の秘訣なのです。

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!