パナホームの坪単価解説

パナホーム 坪単価

 

坪単価から見たパナホーム

 

Sponsored Link

メンテナンス不要の光触媒タイルや稚内珪藻土の使用、ピュアテックガラスなど、独自の住宅スタイルで人気を集めるハウスメーカー。

 

住宅メーカー唯一の第2種換気で特徴的なパナホームは、大型パネル工法で坪単価を抑えた住宅を販売する一方で、高坪単価住宅の「カサートテラ」シリーズを投入。

 

代理店による販売形態のため、支店によって値引き幅にばらつきがあり、それに比例して、坪単価も安定していない。

 

ただ、住宅展示場数も、大手ハウスメーカーの中では中堅レベルに位置し、広告費を比較的抑えたり、販売促進費の過剰な支出を抑えている印象があり、坪単価を抑えた商品提供が期待できる。

 

 

パナホームの特徴

 

光触媒タイルはメンテナンス不要のパナホームの顔というべきもの。

 

他メーカーもメンテナンス不要のタイルを採用していますが、パナホームの場合は、目地部分をタイルや下地材で隠すことにより、実質上、完全な外壁メンテナンスフリーを実現しています。

 

他メーカーでも稀な「給気は機械で、排気は自然換気」という第2種換気は、医療機関で手術室や無菌室でも使用されている信頼性の高いものです。

 

外部からの汚染された空気を流入させないメリットがあります。

 

また、標準装備がパナソニック製品ということもあり、家事楽目線の先進的な設備をお安く設置することができるというのも強みです。

 

Sponsored Link

 

パナホーム株式会社
年間着工数(推定) 6,300件
坪単価(推定) 60〜75万円
社員数(推定) 3928人
平均年収(推定) 約673万円
売上高 249849百万円(H27.4.1〜H28.3.31)
研究開発費総額 1,385百万円(H27.4.1〜H28.3.31)
広告宣伝費 3,298百万円(H27.4.1〜H28.3.31)
販売促進費 3,906百万円(H27.4.1〜H28.3.31)

 

 

ハウスメーカーの坪単価ランキング!

 

 

鉄骨ハウスメーカーの坪単価TOPページ

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!