坪単価を正しく把握するには?

坪単価 把握

 

坪単価は、目安とは言っても、やっぱり気になりますよね。

 

確かに坪単価は、「どれだけの予算があれば、家が建てられるか?」を事前に知っておくには、大切な指標です。

 

そこで、ここでは坪単価を正しく把握するための方法を紹介します。

 

Sponsored Link

 

坪単価の考え方は、各ハウスメーカーによって違うので、正確な坪単価を把握する場合は、本体価格の基準をしっかり押さえておく必要があります。

 

また、「延べ床面積で計算されているのか」「施工面積で計算されているのか」も重要です。

 

(※一般的に延べ床面積に含まれないものとして、バルコニーや玄関ポーチなどがあります。)

 

新築にかかる費用には、「本体価格」「別途工事費」「諸経費」があります。

 

(※各ハウスメーカーで呼び名が違う事もあるので注意です!)

 

坪単価にかかわってくるのは「本体価格」なので、

 

 

「どこまでを本体価格として計算しているのか」

 

 

をハウスメーカーの担当者に聞いてみましょう。(※見積書にチェックを付けていくと、分かりやすいですよ)

 

Sponsored Link

見積書をみていても、慣れないうちは、何が何だか分からないかと思うので、聞いてみるのが一番なんです。

 

後は、延べ床面積を聞くのも忘れないように注意したいところです。

 

ハウスメーカー側から出してもらった間取り図面を広げながら、どの部分まで延べ床面積として計算されているのか、聞いてみると理解も早いです。

 

最後に、本体価格を延べ床面積で割れば坪単価が出てくるので、OKというわけです!

 

 

ハウスメーカーの坪単価を比較したい時は?

 

 

坪単価のカラクリを公開!

 

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!