坪単価とは!?

坪単価

 

坪単価とは、一坪あたりの単価を指します。

 

デジタル大辞泉で調べると、

 

「土地1坪(約3.3平方メートル)当たりの価格。また、家屋などを建てる際の、1坪当たりの建築費」と書かれています。

 

Sponsored Link

 

家を建てる時は、多くの方が、建築費用の目安としています。

 

家を建てるには、一体どれぐらいの建築費用が必要なのかが分からないことには、資金計画も立てられません。

 

なので、坪単価を参考にすることは賛否両論ありますが、まず最初に工務店やハウスメーカーに聞いてみることをオススメします。

 

さて、坪単価は、一般的には、「建物の本体価格」を「延床面積」で割った数値になります。

 

建物本体価格÷延床面積=坪単価

 

一坪あたりの単価が分かれば、ご自身の希望している延べ床面積に掛けると、大体の家の本体価格がつかめるのです。

 

ただ、完全注文住宅のハウスメーカーによっては、坪単価を答えてもらえないところもあります。

 

「うちは、注文住宅なので、坪単価という概念がないんですよ」

 

「お客様によって変わるので、一概に言えません」

 

といった感じで、返答されることもしばしば。

 

Sponsored Link

これは、お客様の趣向によって使用する建築部材が色々で本体価格が変動したり、オプションを付けるか付けないかによって大きく坪単価が変わってくるからでしょう。

 

坪単価を営業マンなどに聞くときは、ある程度、ご自身がどのような設備を希望しているのか、また、どのような間取りや住宅グレードを希望しているのかを固めておきましょう。

 

そのようにすると、営業マンも過去に担当にしたお客様の実績等をもとに、答えてくれやすくなりますし、建築費用の目安も明確になります。

 

注文要素の少ない規格住宅になると、ある程度、住宅設備や間取りが決まっているため、坪単価が出しやすいと言えます。

 

 

坪単価の計算方法を教えて!

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!