住友林業の坪単価解説

住友林業 坪単価

 

坪単価から見た住友林業

 

Sponsored Link

外張り断熱や制震装置もあり、さらに全館空調も選べる先進性の高い住友林業であるが、坪単価は、性能の割に中間に位置する。

 

その理由は、幅広い所得層に対応した住宅商品レパートリーがあること、また、3種類の工法を提供することで、それぞれの工法による価格差で坪単価が安定しないことが挙げられます。

 

間取りが決まっている規格住宅もあるため、坪単価を全体的に押し下げている一方、住宅展示場数は他メーカーに比べて多いので、高くも低くもない坪単価に収まっているのかも。

 

 

住友林業の特徴

 

ハウスメーカーでも珍しく、3つの工法のラインナップを揃えた販売方式をとる住友林業。

 

従来からのマルチバランス構造に加えて「ビッグフレーム構造」「2×4構造」と選択出来る自由性に客層も幅広い。

 

間取りプランにも自由性があり、耐震性や快適性にも自信をもっているのは、ユーザーの好みに合わせた3種類の工法を持っていることが大きい。

 

工法によって全館空調の対応も可能で、オールマイティーな先進住宅といえます。

 

企業名のとおり木材にもこだわりがあり、良質な木材を安定的に調達して木の力を先進技術に活かしています。

 

なかでも、柱と土台をつくる木材は、国産檜を使用した構造用集成材。

 

通称「スーパー檜」と言われるものですが、含水率を15%以下おさえて、収縮や変形、割れが起きにくいものにしています。

 

また、住友林業が開発したオリジナル木材乾燥技術「ミズダス」は、背割りのない芯持ち角材でも、割れや変色などが少なく、寸法安定性に優れた高品質な木材を製造する技術なんです。

 

無垢の木は、建材として使用する場合、デリケートで変形やタワミ、割れが生じやすく、管理が大変なんですが、「ミズダス」の技術があれば、寸法安定性に優れた無垢材を思いのまま扱うことができるというわけなんです。

 

木材の全てを知っている住友林業ならではの木造住宅を楽しめそうですね。

 

Sponsored Link

 

住友林業株式会社
年間着工数(推定) 10,000件
坪単価(推定) 46〜75万円
社員数(推定) 3,677人 【住宅事業】
平均年収(推定) 約848万円
売上高

45,464百万円(H27.4.1〜H28.3.31)
【住宅事業】

研究開発費総額 1,503百万円(H27.4.1〜H28.3.31)
販売費及び一般管理費 153,041百万円(H27.4.1〜H28.3.31)

 

 

ハウスメーカーの坪単価ランキング!

 

 

木造ハウスメーカーの坪単価TOPページ

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!