サンヨーホームズの坪単価解説

サンヨーホームズ 坪単価

 

坪単価から見たサンヨーホームズ

 

Sponsored Link

三洋電機が撤退後は大株主の株式会社LIXILを筆頭に運営している三洋ホームズ。

 

近年の住宅販売不振により、知名度は有りながらもブランドイメージは、それほど高くない為か、坪単価はやや低めに設定されています。

 

住宅展示場も全国的に少なく、社員数を抑えた少数精鋭で販売を進めているため、販売促進費は少ないとみられる。

 

値引き交渉にも前向きなハウスメーカーであることも、坪単価を抑えている一因となっているのかも。

 

戸建住宅と分譲マンションの販売を基軸に進めていますが、リフォーム事業、賃貸住宅、マンションの維持管理事業も手がけています。

 

 

サンヨーホームズの特徴

 

鉄骨軸組工法と制震ダンパーを組み合わせたハウスメーカー。

 

鉄骨トラス屋根構造で、二階に最大9.1mの柱不要の大空間を作れるため、将来的な間取りの変更も可能とします。

 

宅内のプライベート空間には、間仕切にもロックウールが設置されるため、遮音性は抜群。

 

太陽光発電や蓄電池などを活用し、年間電気代が消費よりも発電がプラスになるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH=ゼッチ)を標準仕様としていることも魅力です。

 

全熱交換式換気システムで熱のロスを80%もカットするほか、PM2.5も除去するクリーンな宅内環境、また最新機器だけに頼らない、住まいの通風と採光を土地ごとに設計プランを組み立てるスタイルは、エコを重視した理念が感じ取れます。

 

Sponsored Link

 

サンヨーホームズ株式会社
年間着工数(推定) 2,000件
坪単価(推定) 55〜65万円
社員数(推定) 507人 【住宅部門】
平均年収(推定) 約568万円
売上高 23,088,210千円(H27.4.1〜H28.3.31)
研究開発費総額 150,714千円(H27.4.1〜H28.3.31)
広告宣伝費 2,200,539千円(H27.4.1〜H28.3.31)

 

 

ハウスメーカーの坪単価ランキング!

 

 

鉄骨ハウスメーカーの坪単価TOPページ

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!