ハウスメーカーの坪単価ランキング一覧!

ここでは、大手ハウスメーカー12社での坪単価ランキング一覧を掲載しています。

 

※情報サイトや建てられた方及び各社への聞き込み調査を参考にしています。

 

Sponsored Link

 

三井ホーム

 

坪単価

 

75〜85万円(注文)

 

65〜75万円(準注文住宅:例マイレーヴ)

 

55〜65万円(規格住宅 例:バーリオ)

 

三井ホームの坪単価解説

 

積水ハウス

 

坪単価

 

65万円〜80万円(鉄骨)

 

60万円〜75万円(シャーウッド)

 

積水ハウスの坪単価解説

 

ヘーベルハウス

 

坪単価

 

65万円 〜80万円(軽量鉄骨造)

 

ヘーベルハウスの坪単価解説

 

Sponsored Link
セキスイハイム

 

坪単価

 

65万円〜75万円(鉄骨)

 

セキスイハイムの坪単価解説

 

60万円〜75万円(ツーユーホーム)

 

ツーユーホームの坪単価解説

 

ダイワハウス

 

坪単価

 

65万円〜75万円(鉄骨)

 

55万円〜65万円 (木造)

 

55万円〜65万円(規格住宅)

 

ダイワハウスの坪単価解説

 

ダイワハウス(木造)の坪単価解説

 

一条工務店

 

坪単価

 

65万円〜75万円(i-cube)(i-smart)

 

60万円〜75万円(夢の家)

 

一条工務店の坪単価解説

 

パナホーム

 

坪単価

 

60万円〜70万円(大型パネル工法)

 

65万円〜75万円(鉄骨軸組工法)

 

パナホームの坪単価解説

 

トヨタホーム

 

坪単価

 

60万円〜75万円

 

トヨタホームの坪単価解説

 

住友林業

 

坪単価

 

55万〜75万円(ビッグフレーム構法)

 

 

62万〜75万円 (マルチバランス構法)

 

 

56万〜75万円 (2×4構法)

 

 

46万〜 (規格住宅) 

 

住友林業の坪単価解説

 

ミサワホーム

 

坪単価

 

60万円〜75万円(鉄骨)

 

ミサワホームセラミックの坪単価解説

 

55万円〜70万円(木造)

 

ミサワホームの坪単価解説

 

サンヨーホームズ

 

坪単価

 

55万円〜65万円

 

サンヨーホームズの坪単価解説

 

ヤマダ・エスバイエル

 

坪単価

 

55万円〜65万円(注文住宅)

 

33万円〜

 

(規格住宅 

 

例:eスマイルファースト)

 

ヤマダ エスバイエルの坪単価解説

 

 

 

※上記は、値引きの参考下限額も考慮しています。
(但し規格住宅は、本体価格のみ)

 

※外構工事、土地価格は含んでいません。

 

Sponsored Link

 

同じハウスメーカーでも、商品の種類、グレードやオプション追加によって坪単価の変動がありますが、大体の坪単価の目安として利用いただければ、と思います。

 

 

値引き後の坪単価も一覧表に反映させましたが、やり方によっては、それ以上の値引きも可能です。

 

 

最低限、数社での相見積もりは必須なので、各社の見積もりを手に入れるところから始めましょう。

 

 

少しでも、手間や時間の有効活用をするためにも、資料一括請求サービスを利用すると、スムーズに家づくりを進める事ができるので、オススメですよ。

 

 

どうぞ、あなたの理想の家づくりに、ご活用下さい。

 

 

 

相見積もりも簡単取得!無料の資料一括請求サービス

 

 

 

大手ハウスメーカーだって、ここまで安くできる!年収450万円(手取り300万円)もあれば余裕の理由。

『悪用厳禁』 大手ハウスメーカーで建てたい人だけ、見てください!

大手ハウスメーカーの建築費用って、とても高いですよね。

でも、それは仕方がないことです。

なぜなら、

・今後30年以内に極めて高い確率で起こる「大地震などの災害にも十分耐える住宅耐久力」

・快適感が半端ない「最先端技術を備えた住宅性能」

・トラブルがあれば「24時間すぐに駆け付けてくれるサポート力」

「安定した企業母体であるという安心感」

・ブランド力も高いので、たとえ「住宅を売る時でも高値が保証」

されているからです。

大手ハウスメーカーのメリットを挙げれば、安値で手に入れることなんて到底無理だとあきらめてしまいそうになりますよね。
(僕もそうでした。。。)

さらに、残念なお知らせが。

最近のハウスメーカーは年々、設備の仕様も住宅の性能も高くなっているので、住宅価格もそれに比例して高くなっていく傾向が続いています。

でも、安心してください。

そのような中でも、次の流れにしたがえば、年収450万円(手取り300万円)程度でも、全然、予算内で建てることも可能です。

無料で、超簡単なのに、みんなが意外とやらない、この方法を知れば、大手ハウスメーカーが高いというイメージが吹っ飛ぶかもしれませんね。

仕事や子育てで、時間の余裕すら無かった僕でも、たった3分で出来た、大手ハウスメーカーを、お安く建てる体験談をご覧ください!

きっと、新しい気づきがあります。

家づくりを経験した人々が賛同!家づくりの成功と失敗の分け目

ハウスメーカーが高いとあきらめていた、あなたの家づくりを心から応援しています!